FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/17 FOWTCG日本OPEN TOP16考察 ②

更新遅くなりましたが、先週に引き続き
1/17日に行われました日本OPENのトップ16デッキリストを紹介いたします。

リフレクト・リフレインという強大な存在が、各プレイヤーにどのような思考をもたらしたのか。

そういう点が垣間見れればと思います。

今回は9~16位の紹介となりますので、メタ側に回った人の思考も見れそうです。

では早速、各プレイヤーのデッキとコメントを紹介していきましょう。
(コメントは各自なるべく自由に書いていただいておりますので長短様々です。)




TOP16デッキリスト

第9位 使用者 ひろせ

・コメント
使った理由としては飛翔メインで打点の爆発力は押し付ける環境としては十二分に戦えると踏んで。
ただ弱点がハッキリ見えてるからどうかな?と思ってはいたけど東北オープンからずっと触ってて愛着もあったのも理由の一つ。
あとこっそり思ってたのは妖精をベスト8に載せたかったのもあった。

第10位 使用者 霙


・コメント
京都GPC以降触ってなかったので新弾環境がよくわからないので新弾発売以降にあった2つのGPC上位のデッキを参考にしました。赤リフレクトにしたのは予算の都合上です。

第11位 使用者 うにゅ


・コメント
採用理由に関しては、影の結界が辛いので、早いところマナ加速してJ→プリシア、レザード神技の使用、にうまく繋げられるようにしました。
プリシア神技→白虎800回復→顕現アドゥムが赤速に刺さったので構築は満点回答だとおもってます。
覇王使ってる中ではトップの成績ですが、まだまだ上を目指せるので頑張ります。

第12位 使用者 呂安


・コメント


最近よく見るデッキが自分の長所を高確率でひたすらに叩きつけてくる形だったので、叩きつけ合いになるなら相手より更に早く叩きつけてやろうという考えです。
かつ、リフレインは遅く引き分けは辛いのでは?と皆から言われたのですが自分はそう思わせたくなかったというのもあってこのデッキが出来上がりました。
スペルに関してはミラーを視野に入れて、カウンターの消費個数よりも辛いであろうレストをさせる為に低コストかつダメージ速度として申し分ない呪文と思われるやつで固めてあります。
終わってから思うのは明らかに浄化の炎はいらないです。全試合振り替えって数発撃ったかすら怪しいです。
それならもっと有用なスペルがあったし、勝てたかもしれない場面が多々あります。そこが今回のデッキの一番大きな反省点です。
リゾネイターに関してはステータスよりも速度で考えています。ステータスに関してはリフレインの力で確実に補えるのでただひたすらに速度のみ考えていると言っても過言じゃないです。

第13位 使用者 ふらふら


・コメント
デッキの原案自体は5kuさんに提案いただきました。
デッキの目的としては、時間内に3本すること。2-1での勝利を目指す構築にしました。
メインデッキに関して特長的なのは朱雀と四聖の角笛です。まず、バハムートの火力補助をしつつ、実質一コストの朱雀を入れることで、低コスト帯の厚みと焼きの補助を目指してます。朱雀の参戦と朱雀を破棄してJで800~1000ラインまでバーン出来るのは強かったと感じました。あとは、笛を自然に入れられることにより、墓地利用型のデッキ(オロチ・屍術・覇王など)にメインからメタを貼れるようになってます。
サイドに関してですが、Jメタがきたところでリフレクトにスイッチするように組みました。道しるべは多いであろう世界型リフと妖精を見ています。
敗因としてはプレミとデッキ内の赤リゾを極限まで減らしすぎたことだと思います。
あとはグウィバーをもっと警戒すべきだったと反省しています。

第14位 使用者 爆走


・コメント
デッキは緑リフの決定打を探してたところにHikafuさんにデッキの動き見せてもらって決まりました。
世界で先手後手入れ替わるのは強かったです。
勝った試合は後手スタートも含めて全部2-0しました。

第16位 使用者 ぼたこ


・コメント
《幻想球体 チェンジ・ザ・ワールド》が非常に強力なカードだと感じていたため、これと《可能性のリフレクト/収束のリフレイン》とを組み込んだデッキを使いたいと思い、また同時にリフレクトを使うプレイヤーは他にも少なくないだろうと予想していました。そうなった場合に多発するであろうリフレクト対リフレクトのマッチアップにおいて、チェンジザワールドの有無、あるいは枚数の差は、それだけで勝敗を決めかねないほどの要素だと考えていたので、これと《嫉妬の女神 ヘラ》を採用することをデッキタイプより何より先に決めました。
実際のデッキ内容は、アメリカのARGイベントにてQuinn Kotecki氏が使用されていたデッキに強い影響を受けています。円卓の騎士を軸にした理由としては、極端に苦手と言えるマッチアップが少ないだろうと考えたからというのが大きいです。また、現在流行しているデッキタイプの多くに対して有効な《急速劣化》を無理なく採用できる点にも心惹かれました。




以上がTOP16デッキリストとなります。(15位は手に入りませんでした...)


妖精リフ、赤リフ、覇王、バハムート、世界リフ、円卓リフと群雄割拠といった感じでしょうか。


こうして並べてみるとやはり上位との差はグウィバーに対する意識の差に感じます。

お互いに押し付ける環境で、赤の速度よりも速く大型飛翔をぶつけるのはやはり有効だったようです。

どれも上位に残れる可能性のあるデッキだったと思います。

後一歩何が足らなかったのか、それがこのリストで分かり、次に生かせれば幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
FOWTCGがメインのTCGプレイヤー。
FOW布教のため日々活動中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。